ピアノ教室検索サイト

 
【プロフィール】 【特定商取引法】 【よくある質問】 【お問い合わせ】
 
 
当サイトにすでに登録されている教室は → 【ログイン】
 
トップページ はじめての方へ ピアノ教室様へ ピアノ教室 一覧 初心者ピアノ教材
 
 
 

   右手と左手の関係

ピアノを練習していると、右手が左手につられたり、またはその逆になったりして、戸惑うものです。 そのため、右手と左手を別々に練習してしまいがちです。

しかし、実際に両手で弾こうとすると、うまく弾けないということが起こります。 はじめは、左右の手を別々に練習をしても構いませんが、その後は、 なるべく両手で弾くように してみましょう。

両手で弾くと、 両手のことをいっぺんに考えてしまうため混乱してしまう ようです。 まず、右手のメロディーを完璧に練習してみましょう。 それから左手を合わせていくのです。 両手で合わせて弾くときは、どちらかの手に集中できれば、頭の中の整理には役立つと思います。

ピアノが上手に弾ける人は、楽譜を見ただけで、自然と両手の指が動きます。 これは癖のようなもので、 日常的にピアノを使っているから出来ること です。 包丁を上手に使えるというのと、似ているかもしれません。

ただ、考えてみると、日常生活では左右の手で、別な作業をするということは、当たり前のことです。 自動車の運転で、ハンドル操作をしながらギアチェンジしたり、普段から左右別々のことを誰でも意識することなく行っているのです。

両手を別々に動かせるということは、 単に慣れの問題 です。 時間がかかっても、諦めないように練習してみてください。


始めのうちは、簡単な練習曲や、子供向けの曲などで練習し、両手弾きの感覚をつかむことです。 右手はメロディ、左手は伴奏になっている曲を選ぶと良いです。 感覚がつかめるようになるまで、何度も練習してみると良いでしょう。



「すぐにピアノが上達したい」 と思われている方へ

 

すぐにピアノが上達したいと思われている方は、
自宅学習用のピアノ教材がオススメです。

⇒ 自宅でできる ピアノ上達法はこちらから!



ピアノ教材ランキング
 
1位:初心者に最適な教材
 
2位:指を速く動かす練習法
 
3位:マネっこ練習法
 
ピアノ教室を探す
 
登録 ピアノ教室 一覧
 
無料ホームページ作成
 
 
ピアノの基礎知識
 
ピアノの種類について
ピアノという楽器の歴史
ピアノの構造について
ピアノを置く場所
ピアノとの付き合い方
ピアノの防音・遮音方法
ピアノの意外な危険性
ピアノのメンテナンス
ピアノの調律
ピアノ購入のポイント
 
 
ピアノの練習方法
 
楽譜の読み方
指番号
正しい姿勢と手の形
指の使い方
右手と左手の関係
メトロノーム
子供の練習方法
大人の練習方法
独学で練習する
上達のコツ
部分練習
全体練習
諦めている方へ
 
 
楽譜の読み方
 
楽譜の基本
音の高低(高さ)
音の長さ
シャープとフラット
 
 
 
ポータルサイト
 
全国お店登録サイト
WEBデザイナー比較
中国語教室検索サイト
犬トリミング店検索サイト
ダンス教室検索サイト
ペットシッター検索サイト
少年野球の練習試合募集
行政書士検索サイト
探偵・興信所検索サイト
整体師検索サイト
 
 
運営者情報
 
特定商取引に基づく表記
個人情報保護の方針
お問い合わせ
 
 
有料プラン
 
サイト広告プラン
最上位表示サービス
メルマガ広告

Copyright © ピアノ教室検索サイト All rights reserved.
 
トップページ無料の登録サイト広告プラン各都道府県の最上位表示メルマガ広告

by 無料ホームページ制作講座/作成