ピアノ教室検索サイト

 
【プロフィール】 【特定商取引法】 【よくある質問】 【お問い合わせ】
 
 
当サイトにすでに登録されている教室は → 【ログイン】
 
トップページ はじめての方へ ピアノ教室様へ ピアノ教室 一覧 初心者ピアノ教材
 
 
 

   ピアノのメンテナンス

日々のメンテナンスで、 ピアノを長持ちさせること が出来ます。 また置く環境によっても状態は変わりますので、ピアノを良い状態に保つようにしましょう。



ピアノに最適な環境

ピアノを置く環境で一番大切なものは、 「湿度の管理」 です。 ピアノにとって最適な環境は、温度が15~20℃ 湿度が50~70% です。

春~夏にかけては湿度・温度が上昇するので「除湿機」や「エアコン」を使ってうまく調整すると良いです。 秋~冬にかけては湿度・温度が減少するので「加湿器」や「エアコン」をうまく利用してください。

特に冬場の場合は、温度が急激に下がると ピアノの金属部に結露ができる事 がありますので注意が必要です。 錆の原因につながります。

ピアノを置く場所については直射日光を避け、湯気や水蒸気のあたらない水平な場所に置く事が大切です。 ピアノにとって直射日光は、 「外装の劣化」や「調律の狂い」を起こす原因 となります。

また、ピアノを畳の上に置く場合には、敷板などを用意して安定させてください。



日頃のお手入れ方法

ピアノの手入れは「ピアノの演奏が終わったら行う」など、定期的に行うのが良いです。 そしてピアノを演奏するときには 「手を綺麗に洗ってから弾く」 。これを習慣づけましょう。

塗装面のお手入れ方法は、 表面についたほこりは「ピアノ用羽毛」か「柔らかな布」で軽くふき取ります。 専用の物を使うと安心です。 そして、光沢を保つためには、艶出し塗装のピアノはユニコンで拭き上げます。 その他の塗装仕上げのピアノは、柔らかな布でから拭きしましょう。

市販の洗剤などは、成分が各々違ってきますから、なるべく使用はさけてください。 鍵盤のお手入れ方法は、柔らかな布でから拭きをします。 汚れが目立つときは、石鹸をしみこませて固く絞ってから拭きします。 アルコールの使用はひび割れの原因となるので、絶対に避けましょう。



その他のメンテナンス

必ず定期的な「調律」を行うようにしましょう 。 調律の周期は、半年に1回程度が望ましいですが、 最低年1回は行う ようにしましょう。 定期的に調律してもらうと、音の調整だけでなく、ピアノの全体的な状態(ハンマーの磨耗、鍵盤のゆるみ、ペダルの動きなど)をベストコンディションを保つことができます。



「すぐにピアノが上達したい」 と思われている方へ

 

すぐにピアノが上達したいと思われている方は、
自宅学習用のピアノ教材がオススメです。

⇒ 自宅でできる ピアノ上達法はこちらから!



ピアノあそび  製品紹介  Lotus Blossom
 
今すぐクリック!
 
ピアノ教材ランキング
 
1位:初心者に最適な教材
 
2位:指を速く動かす練習法
 
3位:マネっこ練習法
 
ピアノ教室を探す
 
登録 ピアノ教室 一覧
 
無料ホームページ作成
 
 
ピアノの基礎知識
 
ピアノの種類について
ピアノという楽器の歴史
ピアノの構造について
ピアノを置く場所
ピアノとの付き合い方
ピアノの防音・遮音方法
ピアノの意外な危険性
ピアノのメンテナンス
ピアノの調律
ピアノ購入のポイント
 
 
ピアノの練習方法
 
楽譜の読み方
指番号
正しい姿勢と手の形
指の使い方
右手と左手の関係
メトロノーム
子供の練習方法
大人の練習方法
独学で練習する
上達のコツ
部分練習
全体練習
諦めている方へ
 
 
楽譜の読み方
 
楽譜の基本
音の高低(高さ)
音の長さ
シャープとフラット
 
 
 
ポータルサイト
 
全国お店登録サイト
WEBデザイナー比較
中国語教室検索サイト
犬トリミング店検索サイト
ダンス教室検索サイト
ペットシッター検索サイト
少年野球の練習試合募集
行政書士検索サイト
探偵・興信所検索サイト
整体師検索サイト
 
 
運営者情報
 
特定商取引に基づく表記
個人情報保護の方針
お問い合わせ
 
 
有料プラン
 
サイト広告プラン
最上位表示サービス
メルマガ広告

Copyright © ピアノ教室検索サイト All rights reserved.
 
トップページ無料の登録サイト広告プラン各都道府県の最上位表示メルマガ広告

by 無料ホームページ制作講座/作成