ピアノ教室検索サイト

 
【プロフィール】 【特定商取引法】 【よくある質問】 【お問い合わせ】
 
 
当サイトにすでに登録されている教室は → 【ログイン】
 
トップページ はじめての方へ ピアノ教室様へ ピアノ教室 一覧 初心者ピアノ教材
 
 
 

   ピアノの構造について

ピアノの構造、音の出るシステムなど、 ピアノという楽器の設計特長 を解説します。



構造

支柱や側板といった土台の上に響板を貼ります。そして鉄のフレームをセットして、そこに弦を張ります。

演奏者の指の力は鍵盤を通じ、ハンマーによって弦を打つ力に変換されます。そして、弦の振動は、響板やピアノ全体に広がります。
姿勢

ピアノの部品は1万個近くもあり、1台の製造には組み立てだけでも約3ヶ月をかかります。



素材

材料の主役は木材です。木材も部位により、それぞれの働きに適する木材が選ばれて作られます。 音に直接関係する響板には、音の伝達特性に優れるスプルースが、ピン板やアクションにはカエデやブナといった硬い木が、それぞれ使われています。< 木やフェルトで作られる部品は、 温度や湿度の変化によって影響を受けやすい ため、正しく発音を保つためには、メンテナンスが必要不可欠になります。



ピアノを作るための製作時間

ピアノ1台を作るには、10年以上も乾燥させた木材を使うこともあります。 また、1台のピアノの部品は、グランドピアノでおよそ10,000個、アップライトピアノでおよそ8,000個もあります。 ですから、丸太からピアノが出来あがるまでには何年もかかっていることになります。



なぜ音が出るのか、どこから音が出るのか?

一般に弦の振動が響板に伝わり、それが空気を振動させるために、音が出ます。 ピアノ全体が音を出しているため、どこから音が出ているのかということは難しいですが、響板の面、アップライトピアノなら背面、グランドピアノなら底面から、より大きく音が出ているとも言うことが出来ます。



「すぐにピアノが上達したい」 と思われている方へ

 

すぐにピアノが上達したいと思われている方は、
自宅学習用のピアノ教材がオススメです。

⇒ 自宅でできる ピアノ上達法はこちらから!



ピアノあそび  製品紹介  Lotus Blossom
 
今すぐクリック!
 
ピアノ教材ランキング
 
1位:初心者に最適な教材
 
2位:指を速く動かす練習法
 
3位:マネっこ練習法
 
ピアノ教室を探す
 
登録 ピアノ教室 一覧
 
無料ホームページ作成
 
 
ピアノの基礎知識
 
ピアノの種類について
ピアノという楽器の歴史
ピアノの構造について
ピアノを置く場所
ピアノとの付き合い方
ピアノの防音・遮音方法
ピアノの意外な危険性
ピアノのメンテナンス
ピアノの調律
ピアノ購入のポイント
 
 
ピアノの練習方法
 
楽譜の読み方
指番号
正しい姿勢と手の形
指の使い方
右手と左手の関係
メトロノーム
子供の練習方法
大人の練習方法
独学で練習する
上達のコツ
部分練習
全体練習
諦めている方へ
 
 
楽譜の読み方
 
楽譜の基本
音の高低(高さ)
音の長さ
シャープとフラット
 
 
 
ポータルサイト
 
全国お店登録サイト
WEBデザイナー比較
中国語教室検索サイト
犬トリミング店検索サイト
ダンス教室検索サイト
ペットシッター検索サイト
少年野球の練習試合募集
行政書士検索サイト
探偵・興信所検索サイト
整体師検索サイト
 
 
運営者情報
 
特定商取引に基づく表記
個人情報保護の方針
お問い合わせ
 
 
有料プラン
 
サイト広告プラン
最上位表示サービス
メルマガ広告

Copyright © ピアノ教室検索サイト All rights reserved.
 
トップページ無料の登録サイト広告プラン各都道府県の最上位表示メルマガ広告

by 無料ホームページ制作講座/作成